スポンサーリンク


週刊アスキー電子版を読む方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

毎週、通勤電車の中で必ず読む週刊アスキー。

週刊アスキーが愛読書です!

5~6年は読み続けてますかね。

 

そんな俺が大好き週刊アスキーですが完全電子化した今読む方法はいくつかあります。

自分は 「BOOK☆WALKER」 → 「ASCII倶楽部」 → 「dマガジン」 と推移していきました。

それぞれメリットがあるので、自分に合った方法で読むのが良いですね。

 

BOOK☆WALKER

週刊アスキーを1冊333円(税抜)で購入できます。

様々なジャンルの本や雑誌を配信しているブックウォーカー。

月額読み放題という形式ではなく、一冊ずつ本を買ってダウンロードする形式です。

毎月お金がかかるのは嫌だけど、たまに買って読みたいって人に合ってると思います。

メリット

  • 雑誌以外にも色々な本が購入可能。
  • アプリ内に一冊丸々ダウンロードする為、ダウンロード後は電波が無い所でも読める。

デメリット

  • 1冊ずつ購入の為、月額読み放題と比べると出費がかさむ。

 

ASCII倶楽部

月額1,080円(税込)で読み放題です。

週刊アスキーの発行元のサイトです。

会員のみ見れるオリジナルレポートや動画、メルマガなどもあり、とことんアスキーを楽しみたい人向けです。

メリット

  • 週刊アスキーのバックナンバーも目次や特集から探して読める。
  • オリジナルレポート、動画、メルマガと、とことんアスキーを堪能できる。

デメリット

  • 何ページかずつ読み込んでいる為、電波が無い所では読めない。
  • 一気にページをめくると「Loading」画面で待たされる事がある。

 

dマガジン

月額432円(税込)で読み放題です。

160種類以上の人気雑誌・記事が読み放題です。

ドコモのサービスですが、ドコモ以外でも利用可能です。

利用デバイスは最大5台までと制限があります。

メリット

  • CMでやってるような様々な人気雑誌が読み放題。(個人的にファミ通も読めるのが嬉しい。)
  • ASCII倶楽部より月額安く読める。

デメリット

  • 何ページかずつ読み込んでいる為、電波が無い所では読めない。
  • 一気にページをめくると「Loading」画面で待たされる事がある。

<2016/11/05 追記>
「メニュー」→「ダウンロード」で
バックグラウンドダウンロード オン
にすると、一冊全てダウンロードできます。

ダウンロード後はオフラインでも読めるので、WiFiオンリー端末は助かると思います!

 

自分に合ってる方法で週刊アスキーを楽しみましょう♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。