ダイスdeフルスロットル

チップアンドダイス様オリジナルボードゲーム「ダイスdeフルスロットル」のゲームデザインを担当させていただきました。

このゲームはカジノで有名な「ルーレット」に3つの制約2つの追加要素熱い駆け引きを実現した盛り上がるゲームとなっております!

ダイスdeフルスロットルをご紹介させていただきます!


スポンサーリンク


基本情報

プレイ人数 3~4人
プレイ時間15~30分
対象年齢8歳以上(掛け算が入る為)

内容物

  • ダイス 2個(1~6の数字の6面ダイス、チップとダイスの絵が3面ずつ描いてあるダイス)
  • コイン 70枚(1コイン40枚、3コイン30枚)
  • シート 1枚(スタンダート&ミニ 両面印刷)
  • イベントカード 16枚(うち白紙カード3枚)
  • 目印キューブ 8個(4色×2個)
  • 説明書

ストーリー

とある日の皇珈堂・・・
いつものようにゲームで賑わっている喫茶店。
1人のお客様が「なぁマスター、接客の2人どっちの方がゲーム運あるんだい?」と
尋ねました。
チップは「私の方が持ってる女ですよぉ♪」
ダイスは「何を言ってるの?ゲーム勝率は私の方が高いでしょ」と言い返す。
そこでマスターは「でしたらお客様ご自身で確かめてはいかがでしょうか?」と
1つのゲームを取り出した。
マスター「当店オリジナルのゲームです。お客様が信じる方へBETなさってください」
チップ&ダイス「それではお客様、本日はどちらにBETいたしますか?」

ゲームの面白ポイント

3つの制約

  1. 1人1枚ずつしかBETできない!
  2. 1人最大2か所にしかBETできない!
  3. 誰かがBETした所にはBETできない!

2つの追加要素

  1. イベントカードで親だけ更に倍や、ハズレコイン総取りなど、親がひくイベントカードで戦況が変化!
  2. 当たった人は次に増えたコインをそのまま全部BETするか、回収して当たったコインを貰い、また1枚からBETするかのどちらかを選択!

勝利条件

勝利条件は2つあります。

  1. いずれかのプレイヤーが目標コインに達したら勝利!(3人プレイは45コイン、4人プレイは50コイン)
  2. 所持コインが0枚になったプレイヤーが出た時点で一番コインを所持してるプレイヤーの勝利!

面白ポイント&ルール説明

3つの制約の説明

このゲームは親から時計回りに1人1か所ずつBETしていくのですが、3つの制約の「①1人1枚ずつしかBETできない」により、いきなり大量にBETすることができません。
一気に勝負してやるぜ!という事ができないジレンマがあります。

そして「②1人最大2か所にしかBETできない」ので1人1か所ずつ時計回りに順番にBETしていき、2周BETすることになります。1か所しかBETしたくない時は2周目をパスすることも可能です。

また、「③誰かがBETした所にはBETできない」により、当たりやすい倍率の所に集中することができない第二のジレンマがあります。
BETできる箇所は早いもの勝ちとなります。
最初にBETできる親は有利です。
親は次のターンで左隣のプレイヤーに変わるため、平等にBETチャンスが生まれます。

2つの追加要素の説明

「①イベントカードで親だけ更に倍や、ハズレコイン総取りなど、親がひくイベントカードで戦況が変化」とありますが、親になったプレイヤーはまずイベントカードを1枚引きます。
このイベントカードには「当たり!3コインを1枚ゲット!」や「親だけ当たったら更に倍!」「ハズレコイン総取り!」など親が有利になる効果をゲットできます。
これにより順番に回ってくる親は最初にBETできるしイベントカードの効果を得られて有利になります。

最初所持しているコインは1コインを8枚なので、「当たり!3コインを1枚ゲット」は大きいです。
「①1人1枚ずつしかBETできない」という制約がありますが、3コインも1枚としてBETできます。
1コインの3倍なので当たれば大きいです。
「親だけ当たったら更に倍」も当たればカナリ有利です。
しかし、イベントカードには1枚だけ「ハズレ!効果なし」が混ざっています。

各自BETが終わったら親はサイコロを振ります。
このサイコロの結果によって誰がBETした所が当たりか決まります。

ハズレたコインは全て銀行に没収されます。
当たったらBETした倍率分コイン枚数が増えます。3コインを優先に使用して倍率分増やします。

ここで2つ目の追加要素「②当たった人は次に増えたコインをそのまま全部BETするか、回収して当たったコインを貰い、また1枚からBETするかのどちらかを選択!」が発生します。
当たって増えたコインをそのままBETする倍は「勝負!」と宣言します。
勝負せず回収する場合は「回収!」と宣言し、次またコイン1枚からBETします。

勝負して次も当たればドンドン増やせます!一発逆転も可能です!
しかし、誰かの手持ちコインが無くなるとゲーム終了し、その時一番コインを持ってる人の勝利になってしまうので、ガンガン勝負に出るのも危険です。
適度に回収し、手元のコインを増やしながら「次は私が親だし勝負しよう!」など戦略を練って勝ちを目指しましょう!

当たったプレイヤーが皆「勝負!」した時、親がイベントカードで「ハズレコイン総取り!」を引いた場合大変盛り上がります!
なぜならば、勝負に出たプレイヤーは次当てないとせっかく増えたコインを全て親に取られてしまうからです!
この「勝負」か「回収」かの選択もドキドキワクワクする要素となってます。

※「勝負!」「回収!」宣言後に後から変更することは禁止です。


ゲームデザインをする上で考えたこと

ここからはデザイナーズノート的な内容となります。

コンセプト

チップアンドダイスチャンネルはライトなゲームの配信が多いので、誰でも簡単に遊べて面白いもの、かつチップとダイスを使ったゲームにしたいなぁと思いました。

そこで最初に思いついたのがカジノのルーレットでした。
予想しBETするだけの超簡単ゲームです。

予想が当たるかどうかハラハラドキドキ、当たれば一気に大儲け!という感じです。
また、負けててもいくらでも逆転できるので、最後まで楽しめますし、勝ってるからと油断できません。

まとめますと、コンセプトは下記に決まりました。

  • ボードゲーム初心者でも楽しめるライトなゲーム
  • チップアンドダイスなので、チップとダイスを使用
  • ルーレットのハラハラドキドキ一発逆転要素

ゲームのポイント

コンセプトを元にルールを決めていきました。
あまり複雑なルールにしてしまうとコンセプトの「ライトなゲーム」では無くなってしまう。
そう思い、ルーレットに「3つの制限」と「2つの追加要素」だけを追加する形にしました。
「え?たったそれだけ?」と思うかもしれませんが、これだけでバランスの取れた駆け引きが熱い盛り上がるゲームにできました。

ボードは2種類用意しました。
表面はスタンダートなボードです。
2倍、6倍、10倍とあります。
10倍の所はなぜ12倍じゃないんだろ?と思った方が居ると思いますが、計算を簡単にする為に10倍にしています。

裏面はミニ版で当たりやすいボードとなっています。
当たらないとスネてしまうお子様と一緒に遊ぶようにと用意しましたが、当たる確率が高い分遊んでみると気持ち良いのでこちらを好まれる方もいます。
当たりやすい分当たった時の倍率を低く設定しています。

コンポーネント

どのようなコンポーネントにするかまでは関わっていないのですが、気になる人もいると思いますので少しお伝えします。

ボードはしっかりた厚紙ボードです。
ペラペラな紙などではありません。

コインも1コイン、3コインのチップが厚紙でしっかりしています。

サイコロにはチップとダイスの顔が描かれたサイコロと普通のサイコロがあります。
私はピンクでしたが、色はランダムらしいので購入された方で色が違うかもしれません。

BETする際に、私がBETしたもの!というのが分かるように目印を使用します。
この目印もハートや月、星や音符で可愛いです!

最後に

ダイスdeフルスロットルをゲームマーケット春2021「ウ08」SHUNROIDブースにてゲムマ特価で販売いたします!
宜しければブースまで是非お越しください!

こちらからはいつでも購入可能です!
https://limia-branks.jp/tipanddice/ec_product_detail.php?id=483

プレイ動画も載せておきます!気になる方はチェック!